12月新作「Fukushima 50」フクシマフィフティ ご予約受付中です。

「Fukushima 50」フクシマフィフティ

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防こうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。

作品名「Fukushima 50」フクシマフィフティ(本編122分)

第44回日本アカデミー賞
最優秀助演男優賞(渡辺謙)・最優秀監督賞(若松節朗)・最優秀撮影賞・最優秀照明賞・最優秀美術賞・最優秀録音賞 の最多計6部門を受賞! 

  • DABR-5715
  • バス用   ¥28,000- / 年
  • 健康ランド ¥18,000- / 月
  • 図書館   ¥15,000-
           館内個人視聴○ 館外個人貸出○
  • 劇場公開時のクオリティ(DCP方式)による上映会も
     好評開催中です。

監督 若松節朗
原作 門田隆将「死の淵を見た男吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)
出演 佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤エ、富田靖子、佐野史郎、安田成美

2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿岸に押し寄せた巨大津波に飲み込まれた福島第一原発は全電源を喪失する。このままでは原子炉の冷却装置が動かず、炉心溶融(メルトダウン)によって想像を絶する被害がもたらされることは明らかで、それを防ごうと、伊崎利夫をはじめとする現場作業員や所長の吉田昌郎らは奔走するが・・・。

その他の業態における業務用使用・上映会等、
ライブラリ使用(団体貸出)につきましてはお問合せください。

2020/10/19 | 新作情報 , 新着情報

11月新作「ぼけますから、よろしくお願いします。」ご予約受付中です。

ぼけますから、よろしくお願いします。

カメラを向けて初めて気づいた。
両親がお互いを思い合っているということ。

作品名「ぼけますから、よろしくお願いします。」(本編102分)

  • TCED-5245T
  • 図書館用  ¥50,000(税抜)
    (館内個人視聴・館外個人貸出・館内無料上映会可)
  • 観光バス  お問い合わせください
  • 健康ランド お問い合わせください

監督・撮影・語り 信友直子
プロフィール 1961年広島県呉市生まれ。1984年東京大学文学部卒業。 1986年から映像制作に携わり、フジテレビ「NONFIX」や「ザ・ノンフィクション」で数多くのドキュメンタリー番組を手掛ける。
「NONFIX 青山世多加」で放送文化基金賞奨励賞、「ザ・ノンフィクション おっぱいと東京タワー〜私の乳がん日記」でニューヨークフェスティバル銀賞・ギャラクシー賞奨励賞を受賞。
他に、北朝鮮拉致問題・ひきこもり・若年認知症・ネットカフェ難民などの社会的なテーマから、アキバ系や草食男子などの生態という現代社会の一面を切り取ってきた。
本作が劇場公開映画初監督作品。
©2018「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
※画像はイメージです。デザインは変更となる予定です。

令和元年度 文化庁映画賞 文化記録映画大賞、第92回キネマ旬報ベスト・テン文化映画3位、2018年度全国映連賞特別賞、第43回日本カトリック映画賞を受賞!ぴあ映画の初日満足度では1位に!
全国から上映を希望する声が絶え間なく、異例のロングラン上映となったドキュメンタリーの傑作がDVDで発売!

娘である「私」の視点から、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリー。2016年9月にフジテレビ/関西テレビ「Mr.サンデー」で2週にわたり特集され、大反響を呼んだ。その後、継続取材を行い、2017年10月にBSフジで放送されると、視聴者から再放送の希望が殺到。本作は、その番組をもとに、追加取材と再編集を行った完全版である。娘として手をさしのべつつも、制作者としてのまなざしを愛する両親にまっすぐに向けた意欲作。

その他の業態における業務用使用・上映会等、
ライブラリ使用(団体貸出)につきましてはお問合せください。

2020/10/07 | 新作情報

会社情報

日本音楽出版株式会社

日本音楽出版株式会社
〒453-0024
愛知県名古屋市中村区名楽町一丁目6番地

TEL:052-526-0207
FAX:052-526-0363

代表取締役社長 加藤満憲
会社設立
昭和63年4月8日
資本金
3,000万円
代表取締役社長
加藤 満憲

メールでのお問い合わせはこちら

お見積りをご希望の方はこちら

ページトップへ